安心してインプラント治療を受けていただくために

骨が足りない方へ

インプラント治療を行うためには、歯槽骨の十分な幅と厚みが必要です。

インプラント治療を行うためには、歯槽骨の十分な幅と厚みが必要です。当医院では、GBR法(骨再生誘導法)・サイナスリフト・ソケットリフトなどを行い、インプラントを埋入することが可能なので、もし、他医院で「歯槽骨が足りないのでインプラントができない。」など言われた場合でも、是非お気軽にご相談ください。

骨造成法の種類

GBR法(骨再生誘導)


骨が不足している部分に、膜を覆うことで骨を作るスペースを確保し、その中に骨のもとになるものを詰めて、骨の再生を促す治療法です。歯槽骨が不足している部分に、粉砕した自家骨や骨補填材を入れ、その上にメンブレンという人工膜をかぶせることで、骨の再生が促進されます。メンブレンには吸収性のものと非吸収性のものがあり、骨欠損の小さい場合は、吸収性のものを使い、骨欠損の大きい場合は、非吸収性のものを使用します。個人差がありますが、約4~6ヶ月で歯槽骨が再生されインプラントが安定します。


ソケットリフト


ソケットリフトは、上顎洞に移植骨や骨補填材を注入し、上顎洞の底部分に新たな骨を造り、歯槽骨の厚みを増す治療法です。治療法は、インプラントを埋入する部分(歯槽頂)から押し上げ、移植骨や骨補填材を注入するので、傷口が小さくて済み、術後の腫れもほとんどありませんが、この手法の場合骨を増やす量に限界があります。


サイナスリフト


歯槽骨が4mm以下の場合には、ソケットリフトで対応することが出ないため、サイナスリフトで対応します。サイナスリフトは、上顎洞の横の骨に穴を開け、移植骨や骨補填材の注入を行ので、手術の侵襲が大きく治療期間が長いのですが、ソケットリフトと比較し骨を多く増やすことができます。


再生医療で歯周組織を元通りに

完全自己血液由来のフィブリンゲル
「メディフュージ」で遠心分離を行うことにより、血液中の血小板や赤血球が分離されます。それと同時に、血液中の凝固因子が自然に刺激されてフィブリンゲルが形成されます。このフィブリンゲルは、成長因子や血小板などを多く含むうえ、添加物を一切用いないため、完全自己血液由来のゲル素材といえます。
歯周病などの病気により失われた歯の周囲の骨を自分の血液の成分を利用して再生することができるようになりました。
腕からの採血後13分で手術に利用できる状態になります。
新鮮、安全、何よりも自分の血液由来のものなので免疫反応がおきることなく骨再生法として成功率の高い方法です。また、軟組織の治癒も早くなります。
詳細はスタッフにお尋ね下さい。